3G時代の方が良かったのかな?

今から約4年前に、スマートフォンの4G(LTE)回線が始まりました。
もちろん既存のものよりも性能はアップしているはずなので歓迎するべきなのですが、困ったこともあります。

それは、「速度制限」です。3G回線時代には、なかった言葉です。
私はiPhone4SからiPhone5に機種変更した時に、4G回線を使い始めました。
一応、パケットが7GBに達したら「速度制限」があるという説明を聞きましたが、大した問題にならないだろうと思っていました。

私は、YouTubeをよく観ます。パソコンでも、スマートフォンでも観ます。
3G回線時代には好きなだけスマートフォンでYouTubeを観ることが出来ていましたが、4G回線を使い始めたとたん月の真ん中くらいで7GBに達し、「速度制限」がかかりました。
「速度制限」にかかったら通信速度が遅くなるという話は聞いていましたが、遅くなるというよりも使い物になりません。
YouTubeが観られなくなるのはもちろん、普通のWEBページを開くのにもとても時間がかかります。

YouTubeのような動画はファイルが重たいので、パケットをものすごく使うのでしょう。
現在はスマートフォンのキャリアを乗り換えて、5GBのパケットのプランにしています。
スマートフォンでYouTubeの動画を観るのを控えて、「速度制限」にかからないように気を付けています。